MENU

サイトメニュー

ピアノ独学 ピアノを弾けるようにするために 実際何から始めればいいのか ピアノ上達のコツ 練習量は人それぞれです 毎日の練習は大事ですよ

 

ピアノ独学


普段はピアノ教室でたくさんの生徒さん達にピアノを教えています。その経験の中で教えられることを今回サイトにしてまとめてみました。少しでも参考になればと思います。

 

さて、早速ですがピアノは小さい頃から習っておくもので、大人になって習うものではないって思ってませんか?プロになろうとする人であれば小さい頃からピアノに触れ、そしてコンクールなどに入賞してプロとして活躍していくでしょうけど、そうじゃない、趣味でピアノを始めるのには年齢は関係ありません。

 

だからといってこれからピアノを始めたいけど、練習法がわからないとか何から始めればいいかわからないって人もいると思うので独学でピアノの始め方を教えていこうと思います。

ピアノを弾けるようにするために

 

まず、ピアノをやるのに目指したいのは両手で弾けるようになることだと思います。その為には慣れるしかないんです。

 

でもそうは言っても楽譜は読めない、指が全然動かないって事はありますよね。

 

大人になると教室に通うのも恥ずかしいって事もあると思いますし、そもそも教室に通うだけの時間がないってこともあります。ではそんな人が独学でピアノを弾けるようにすることはできるのか。

 

できます!!

 

それも簡単な練習で一人でもちゃんと弾けるまでに上達する事はできるんです!確かにピアノを弾くうえで覚えないといけない事はたくさんあります。でもそれを初めての人が全部覚えるっていうのは難しいです。

 

でも子供と大人の大きな違いは教本とかを読んで自力で理解する事が出来るかどうかです。その点で言えば、理論は子供よりむしろ大人になってからの方が理解が早いです。

 

独学で練習することのメリット

独学でピアノを弾けるようにする事には大きく分けると3つのメリットがあります。

 

楽しくできて自分が弾きたい時間に始める事ができること。

教室に通ってレッスンするのは確実に早くに弾けるようになるかもしれませんが、その代わり通うだけの時間を作らないといけませんよね。でも大人になるとその時間はなかなかとれないと思います。それにスケジュールを調整して教室に通わないといけないので忙しくなると通う事すらできなくなりますよね。でも、独学で練習するのにそのスケジュール調整は必要ありません。

 

好きな時に練習ができて、電車やバスで通う時間も全て練習に使えます。ちょっとした空き時間に1フレーズだけ練習するとかもできるのが大きなポイントだと思います。

 

お金がかからないこと。

レッスンに通おうとすると必ず出てくるのはお金の問題だと思います。レッスンに通うにはレッスン料や交通費がかかりますよね。その点独学は今ネットでも練習法は乗ってますし、それに詳しく知りたいってなった時に教本やDVDを買えば済みますので通うよりお金はかかりません。

 

練習は楽しくできます

弾きたくない退屈な教材をひたすらやらされるのは苦痛だと思います。でも独学で練習するなら好きな曲を練習する事ができます。それにピアノを始めたいと思った時にピアノを弾けるようになりたいっていうのもそうだと思いますけど、まずそれ以前にこの曲を弾きたいって思って始めたと思います。

 

実際何から始めればいいのか?


ピアノを始めるにしても実際どこから手を付けていいかわからないと思います。弾きたい曲のフレーズを1小節ごとに区切って練習すればいいって書いてある場所もありますし、何よりまずは指の使い方に慣れる事が重要って書いてる場所もありますね。これだけ選択肢が多いと結局どれが正解かわからないと思います。

 

基本からやっていこう!

ピアノはまず指の使い方、鍵盤の抑え方などのピアノを弾くための基本的な知識から覚えていくといいと思います。ピアノの基本がわからないと弾けるようになってもあとあと何かしらの影響が出てきてしまうかもしれません。弾き方のフォームが固まってしまってから修正するのは大変なので固まる前に覚える事から始めればしっかりしたピアノを弾くこと出来るのであとあと苦労しなくなります。

 

なのでまずは以下のことから始めてみましょう。

 

楽譜の読み方を覚えよう!

基本がわかったら今度は楽譜の読み方です。最初から「この音は「ド」で、この記号だから〜」って考えだしちゃうと嫌になってしまうので、よく出てくる記号だけでも覚えましょう。最初からどれがどの音かはわからなくても大丈夫です。

 

おたまじゃくしって言い方をすることもありますけど、黒く塗りつぶされてるおたまじゃくしから覚えるってうのもありだと思います。

 

ピアノ上達のコツ

うまくなるにはどうしたらいいか

時々、生徒さんに聞かれます。ピアノ、うまくなるにはどうしたらいいですか?と。正直にお答えすると、「それは私も知りたい(^^;)」・・・とも言ってられませんね。

 

上達するには、当たり前ですが練習あるのみ、です。それ以外にありません。仕事柄、世界の第一線で活躍しているアーティストたちとご一緒する機会があったりしますが、ピアノに限らず、どの楽器の方も皆さん、とにかくよく練習します。

 

どんな年齢になっても、たとえ長時間のフライト直後でも、たとえ練習環境が劣悪であっても、たとえ睡眠不足になっても・・・。

 

練習量は人それぞれです

もちろん、いろんなタイプの方がいらっしゃいますから、ご自分なりの必要練習時間はまちまちで、一日3〜4時間程度で十分の方もいれば、7〜8時間の方、10時間以上の方、色々いますが、皆さんとにかく練習します。少なくとも、見かけるたびに「あ、また練習してる」という印象の方が圧倒的です。

 

そしてそれを、毎日続けるのです。

 

ま、職業音楽家というのはそれが仕事ですから、毎日弾いて当たり前、なのですが、一般的にピアノという楽器は、「毎日弾く」が基本です。

 

練習を1日さぼると3日後退する」なんてよく言われますが、何故かサボりを実践してみちゃったことが何度もある私は、それをとても実感します。一週間のうち、一日だけものすごーく長く何時間も練習して、後の日は全く触らない、というのよりは、少しづつでも、毎日弾き続ける方が、絶対、効果があります。

 

そういう意味ではスポーツに近いものがあるかもしれません。

 

スポーツと違うところは、指の準備運動のために、必ずしも大嫌いな(筆者主観)ハノン・エチュード的なものから練習を始めなければならないわけではない、というところでしょうか。

 

毎日の練習は大事ですよ

昔、グレン・グールドという高名なピアニストのドキュメンタリー番組で、実に羨ましいことに朝11:00ぐらいに起き、パジャマのままJ・S・バッハの平均律の中から静かな1曲を弾き、その後プカーとたばこをふかす・・・という何とも優雅な午前中を過ごす姿を見たことがあります。

 

毎日練習しなきゃ!と気合を入れすぎると、途中で疲れてしまうかもしれませんが、好きな曲から弾き始める、というのは良い方法かもしれません。

 

それと、もう一つ効果があると思うのは、よい演奏を聴く、です。

 

もちろん本当はコンサートホールに行って生の音楽を聴くのが一番良い方法ですが、Youtube等の動画でも構わないと思います。とにかくいろんな演奏を聴いて、自分が最終的に目指す方向、つまり、この曲をどういう風に弾きたいかをイメージするわけです。

 

昔、私は同じ曲のCDを何枚も買い込み、「この部分はこの人、こっちはあの人」とパッチワークのようにまねをしてみて、自分の、その曲に対する理想を作り上げたりもしていました。

 

一つだけ言えることは、簡単に上達する方法はない、ということです。どんな練習方法であっても、積み重ね、繰り返す。

 

当たり前すぎるほど当たり前ですが、それが、難しいんですよね。